日焼け肌には体内と体外両方からのアプローチが重要

うっかり日焼けをしてしまった時には体の外側からと内側からの両方のケアが必要です。外側からのケアとしては、受けてしまった紫外線の影響をできるだけ少なくするため、美白化粧品を使用することをお勧めします。

美白化粧品には受けた紫外線が原因となるシミやくすみ、ソバカスの発生を防止する役割があります。しかし、海や山で強烈な紫外線を受け日焼けした場合には、アフターサンローションや美白化粧品では追いつかない場合もあります。そういう時の応急処置として便利なのが、アロエです。植物のアロエがあればその葉肉の白い透明な部分を日焼けしてほてった肌に直接つけます。アロエには炎症を抑える作用があるので、軽いやけど状態になってしまった肌にもとても効果的です。

ドラッグストアにもアロエの化粧水やクリームが販売されているので、それらで代用するのも手です。敏感肌の方はできるだけ長袖の服とつばの広い帽子、日傘やサングラスを着用し、太陽光線を浴びないように注意する必要があります。

また、体内からのケアとしてはビタミンcとL-システインの配合されたシミ、ソバカス予防のタブレットを服用するとさらなる効果が期待できます。若い時から日焼け予防をしっかりしてきた方の肌は年齢を重ねるとその違いに大きな差がでてきます。若いからの油断せず、しっかりと紫外線対策をして暑い夏をきれいな肌で乗り切りましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。