男性ホルモンは男性の体が男性らしくなるように体を作っていくホルモンになります。

女性ホルモンが多くなってしまうと髭や体の毛は薄くなってしまうのです。
つまり、髭を濃くしたいと思う方は男性ホルモンを増やすといいのです。

男性ホルモンは別名でアンドロゲンとも呼ばれていて、種類があります。
テストステロン、シビドロテストステロン、デビドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあります。

また第二次成長期に入ると男の子は急激に男性らしい体へ近づいていきます。
筋肉や骨格の発達、髭や体毛が生える、濃くなる、声が変わり引くなるなど見た目が変化していくのが小学5、6年生から高校生ぐらいまでになります。

男性ホルモンは成長していく段階で重視されるのだけではなく、成人した後も必要になっていくのです。
仕事へのやる気や活力なども大きく関わっているのです。

男性の髭が濃くなってしまう原因としては、食事の時に肉ばかりを食べる、ハードな運動や筋肉トレーニング、タバコ、ストレス、加齢などが原因で濃くなってしまいます。

また、これ以外にも髭の剃り方が正しい剃り方をしていないと髭が濃くなってしまうこともあります。

髭が濃くて毎日のお手入れが大変だから髭を薄くしたいと思っている方も多いと思います。
髭を薄くするには男性ホルモンを抑えることが大切なのです。

豆腐や牛乳、大豆、大豆などに含まれている大豆イソフラボンは男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンの成分と似た成分があり、髭や体のムダ毛などを抑制してくれる働きがあります。
また、肉が好きな男性は肉にはタンパク質が豊富に含まれていて男性ホルモンを分泌してしまうため食事には注意が必要になります。

女性ホルモンを分泌してくれる食事を摂取するようにしましょう。
強いストレスも男性ホルモンを過剰に増やすことになりますので、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

参考:https://xn--bckgxl7dua6ese9jtf1364cd4c.com/