春にニキビができやすくなる原因

ニキビと言えば年がら年中できると思っていると思いますが、実は春はニキビができやすくなる季節なんです。その理由は花粉症と関係していて、花粉症は花粉を敵と認識し体が過剰反応することによって発症します。

実はニキビのような皮膚病にも花粉は影響があり、体が花粉から守ろうと過剰に反応することによって炎症が悪化したりし、必然的にニキビもできやすくなってしまいます。

また、人間は季節の変わり目には体調を崩しやすいものです。そのため、ニキビができやすくなるといったこともあります。花粉症と季節の変わり目による体調不良のダブルパンチとかもう地獄ですよね。

では、一体どうすれば良いのか。季節の変わり目の体調不良は人それぞれの生活習慣によって変わるので、栄養のある食事と十分な睡眠で良いでしょう。また、十分な睡眠は肌のターンオーバーを助けるので、ニキビにも効果があります。

次に花粉によるニキビですが、こちらは顔を洗わないようにすれば良いと言われています。え?顔を洗わなかったら余計に悪化するんじゃない?と思っている方もいると思いますが、顔を洗うことによって皮脂を取り除けますが、元々皮脂は取り除いてはいけない物なのです。皮脂は元々は肌を守る重要なバリアなので、顔を洗って皮脂の量が少なくなっていたら肌を守るバリアが存在せず花粉の影響を直に受けます。そのため、顔は洗わずに皮脂を十分に残しておくことが大切なのです。

しかし、やはり気になるという方もいますよね。顔を洗わないと気になるという方は洗顔料を使わずにぬるま湯で洗いましょう。
それだけでだいぶ違うと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。